宝満川+筑後川トリップ

(福岡県小郡市)

川幅が狭く川岸の緑が近い宝満川から、壮大なスケールの筑後川へ。《宝満川+筑後川トリップ》は一日中のんびりと川の旅を満喫できるおすすめのツアーです。川の真ん中に浮かんで上を見上げてみると、遮るものが何もない広い空に心がどこまでも広がっていく様な開放感がたまりません。場面が展開していく約8kmの川の道程をゆっくりとパドリングしていきますので、ツアー終了時のほどよい疲労感は充実した達成感へと変わります。また、水上で食べる手作りのヘルシーな昼食も魅力のひとつになっています。ツアーの終着地点には全国にある水天宮の総本宮がありますので、水の神様に旅の無事を報告してツアーの幕が降ります。

 

宝満川は久留米市長門石付近にて、筑紫次郎の名で親しまれる筑後川に合流します。筑後川は、熊本県は阿蘇山系の外輪山を水源とし、大分県、福岡県、佐賀県と4つの県を跨ぎ、日本最大の干潟を抱く有明海へと注ぐ全長143kmに及ぶ九州最長の大河です。筑後川が貫く九州最大の平野である筑紫平野は過去に繰り返された筑後川の氾濫により、上流域の豊かな山々から運ばれた養分が幾重にも体積して形成されており、その肥沃な大地は日本有数の穀倉地帯でもあります。また、宝満川と筑後川が合流する付近で毎年8月5日に行われる筑後川花火大会は、西日本最大級の規模としても有名な夏の風物詩です。 

 

【定員】 4名

【行程】 6〜7時間

【参加費】 1名様/¥12.500 (ガイド料/装備レンタル料/保険料/税込み/昼食付き) 

【集合場所/集合時間】 

・お車でお越しの方は、ツアー出発地点の西鉄端間駅にam7:00。駅の駐車場(1日/¥400)をご利用下さい。

・西鉄電車をご利用の方は、急行電車が停まる小郡駅にam6:30。出発地点まで送迎致します。

【ツアー終点から起点までの復路】 現地解散も可能です。 

《宝満川+筑後川Trip》のツアー終点からの復路は、JR久留米駅からバス(大人¥170)で西鉄久留米駅まで移動し、電車に乗り換え西鉄久留米駅から起点の端間駅(大人¥250)または小郡駅(大人¥290)まで戻ります。ツアー終点での解散も可能です。

※ 交通機関の運賃は参加費には含みません。

その他のツアー


ツアーのご予約(開催日3日前まで受付)、お問い合わせはこちらまで。お客様のご要望にも随時お応え致します。お気軽にご相談下さい。お電話でのお問い合わせは17:00以降がつながりやすいです。