パックラフトってどんな乗り物?

パックラフトは、文字通りパッキングできるラフティングボートの事です。体ひとつでコンパクトに持ち運べ、使用する際には空気を注入すれば出来上がり!「あの川を下ってみたいな」や「この湖を渡って向こう岸まで行きたいな」などを気軽に楽しめる、水陸無尽の自由自在なアドベンチャーを可能にしてくれる夢のボートです。

スネイルビジョンのツアーで使用するパックラフトは、アメリカのアルパカラフト社製。手作りの一人乗りのモバイル手漕ぎボートは、元々はアラスカの原野を旅する為に開発された生粋の旅道具です。

アルパカラフトのオフィシャルWebサイト→ http://alpackarafts.com

 

総重量約3kgと超軽量にも関わらず、ボート本体の素材はウレタンコーティングナイロン、ボトムはウレタンコーティングバリスティックナイロンと、耐熱、耐摩擦、引き裂き強度に優れた逸品です。(鋭利な物には弱い)

操船はカヤックと同様、ダブルブレードのパドルを使用。ダウンリバーで本領発揮するように作られている為、抜群な安定感とクイックな回転性を兼ね備えています。(直進性より回転性に優れているので、海をツーリングというより流れる川下り向き)

エクストリームなリバーカヤックに似ているので、波乗りもOK。但し、構造上空気で膨らませる為、強風が吹くと流されやすい性質上、湖や池などの静水や海での使用はお勧めしていません。

 

パックラフトの一番の魅力は、旅のスタイルやその目的に合わせて様々な楽しみ方ができる所。収納時のサイズは1人用のテント程のウルトラライトな携帯性を持つので、普通の手荷物のように電車やバスに乗っての移動もラクラク。飛行機に乗せて海外でのアドベンチャーも夢ではありません。バックパックに詰め込み山に入り、ハイク→川遊び→ハイクといったその場の状況や気分で、広げたり収納したりが実に簡単にできるのです。

パックラフト自体に積載可能な重量は本体のサイズにもよりますが、人1人(100kgを想定)+45kg程度までと大口なので、荷物満載キャンプから長期アドベンチャーまで、あなたの発想にぴったりと応えてくれるでしょう。例えばマウンテンバイクなら前輪を外してまとめて積めますし、愛犬と共に川下りもお手のもの。釣りに、バイクツーリングのお供に、激流を攻めるもよし、ただ流れに浮かび漂うもよし。クリークから大河まで、楽しみ方はまさに無限大!

すべての自然を愛する人々に、更なる可能性と喜びを与えてくれるパックラフト。地球の旅に欠かせない逸品は、至福の乗り心地と川との一体感、そして身軽なフットワークを約束してくれます。

 

※ 水辺で遊ぶ時は、必ずライフジャケットを身につけましょう。また、ご自身でパックラフトを購入する場合、川に対する正しい知識と技術、経験が必要です。事故を防ぐ為にも、ご自身のスキルに合わせたフィールドで楽しみましょう。

パックラフト一式(収納時)

収納時のパックラフトとパドル、マットになります。置いてあるスマホの大きさと比較すると、サイズ感が分かりますね。パドルも四分割になるのでコンパクト。オレンジ色の専用の袋を使ってパックラフト本体に空気を注入します。慣れると3分程度で完成します。

「LIFE YOUR OWN」の精神で

「野外活動はすべて自己責任の上に成立する」をモットーに、お一人様に一艇づつパックラフトをレンタル致します。ツアー中は責任をもって管理して下さい。また、パックラフトの組み立てと片付けもツアーの一部です。丁寧にレクチャー致しますので参加された皆様で楽しく取り組みましょう。

スネイルビジョンは、お客様ひとりひとりのアウトドアライフの総合的スキルアップを応援します。